top.jpg


title1.jpg

古来より、日本人は竹に親しみ、竹は我々の文化を下支えする揺籃でした。
数千年もの間、竹を生活の“伴侶”として文化を育んできたのです。
しかるに現代は、無用のものとして遺棄し、荒れるに任せた竹林の多いことか!
六十の齢を過ぎ、やがて旅立つ〜体が動く暫しの間〜
竹とあそび、竹と語る生活をおくりたいと思っているのです。

title2.jpg


kusa1.gif



shim.gif shim.gif
小生の作品は
長岡京市立神足ふれあい町家
Tel075-951-5175
Fax075-202-9239
営業時間午前9時〜午後6時
(定休日はありません)
にて展示即売しております。
是非、手にとっていただければ
と思います。

shop00.jpg

shop1.JPG

shop2.JPG
shim.gif

shim.gif

title3.gif

百世代にも届こうとする世代交代のなかで培われ、
磨かれたDNAは簡単に壊れるものではないと信じます。
竹への愛着心は〜自然への畏敬の心〜と共に残っているはずなんです!!

小生の住まう場所は〜愛宕山から天王山に続く西山連峰〜にあり、
古くは〜清少納言の〜枕の草紙〜にも“竹の景勝地”として
記述された地でもあります。
“たけのこ”の名産地とはいえ、放置された孟宗林が多くあります。
・ ・・・そんな中に入って、〜よろづの事〜に使えそうな
“かぐや姫”を探すのです。


title4.gif

あなたの心に響くでしょうか??
あなたの琴線を鳴らすものがみつかるでしょうか?
あなたのツボにはまるものがあるでしょうか?
そこここにアソビごころが伝われば・・と思っています。

2009.11 布袋工房 店主敬白


big2.jpg

kusa1.gif

当ホームページへのお問い合せ
(※メールアドレスの@はひとつ削除してください)
必ず返信メールをお送りいたします。

カウンター


WEBでき 無料掲示板